プリンタインクの経済性について

個人の自宅でもプリンタが使用されるような時代になりました。昔はプリンタといえば会社で使用されるものが普通で個人的にプリンタを購入したりプリンタを使用することはあまりありませんでした。いまパソコンとインターネットが普及し、そのためプリンタも普及、各家庭でも使用されるようになってきています。会社で使用するプリンタは通常はプリンタ製造会社またはその関連会社からレンタルして使用する方法が一般的です。この場合プリンタの維持管理はプリンタ製造会社やプリンタ製造会社の関連会社が行い定期保守点検や清掃、インクの補充等をおこなってくれます。ほぼ完ぺきな維持管理をおこなってくれる分、維持費は一般的に高価なものとなっています。この維持管理を安価にするには、プリンターのレンタルと維持管理の委託をやめ、プリンタは買い取りでプリンタを使用する会社で維持管理する以外ないのです。

各家庭でプリンタを使用している場合は各自プリンタを購入し維持管理することになります。ここでいままで特に問題視されていたのが維持費のなかのプリンタインク費用です。プリンタを1万円から2万円で購入してもインクの費用がかなりかかります。すぐにプリンタ購入金額よりもインク購入費用が掛ってしまいます。また昔はよくインクも詰まりました。そしてそのためになおさらインク費用が高くつくことになりました。最近は事情がことなりインク詰まりは改善されてきているようですがインク費用はいまだ高価です。プリンタインク費用は正規品は特に高価です。ただそれなりに品質は保証されているようです。つまり色の再現や耐久性にすぐれています。この正規品と品質があまりかわらないという非正規のインクが最近出回っており値段は半値以下のようです。色再現性や耐久性といった細かな品質については詳細不明ですがただプリントアウトして資料として使用するくらいのものでしたら十分に利用価値ありということでこの非正規品インクの利用者が増えているようです。これらのことがクチコミで広まっていることもあり利用者はさらに増えています。いまこの非正規プリンタインクがインターネットでたくさん販売されています。

さらに100円ショップでもプリンタインクが販売されるようになってきました。非正規プリンタインクはそのインクの使用可能なプリンタメーカー名およびプリンタメーカー品番はきちんと表示されています。そしてそれら非正規プリンタインクは市場でそれなりの評価を受け市場での存在感というものが確立されつつあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*