プリンタインクを賢く使う方法

現在ではパソコンの普及によって、プリンタも一緒に使用している家庭が多くなっている。かつては、プリンタの本体価格が高く、プリンタインクの値段が安かった。しかし、メーカ側はプリンタインクの販売売り上げで利益を上げようとしている流れがあり、プリンタインクの値段がプリンタの本体より高いということも珍しくなくなった。使用しているプリンタでプリンタインクを上手に使用しなければ必要以上の出費がかさんでしまう。まず最初に、プリンタをどの用途で使用するか考えなければならない。プリンタには、レーザタイプとインクジェットタイプの2つの種類がある。インクの使用量が少ないのはレーザタイプだが、本体の値段も高価であることや販売店が限られるので注意が必要である。インクの販売店も限られてしまうのでしっかりと調査しなければ使用したいときに使用できないことを考えなければならない。

インクジェットは、ほとんどの家電量販店に販売しており、本体価格も安価だが、インク使用量がレーザタイプより多く使ってしまう。また、文章印刷がメインでカラー印刷することが無い場合は、モノクロレーザの選択を推奨する。黒のインク代だけで済むからであり、費用も安いからである。プリンタインクには、メーカ側の純正インクとリサイクルインクがある。リサイクルインクは、純正インクより値段が安価である。しかし、純正インクと違うので色の違いがでてしまうことがある。タイプによっては、自分でインクを補充することもあるので調査しなければならない。現在では、メーカ側のプリンタでリサイクルインクを使わせないような対策をしているので、リサイクルインクを使用できないこともある。さらに、リサイクルインクを使用した場合、メーカ保障対象外となり、有償修理になってしまう。メーカ保障期間で故障を避けたい場合は、純正インクの使用を推奨する。メーカが販売している純正インクの利点としては、プリンタ本来の力を発揮できるということである。欠点としては、インクの値段が高いので、数年利用するとインク代が多くかかってしまう。また、プリンタインクは使用しないとインクの品質が落ちてしまうので定期的に使用することをおすすめしたい。

インクのクリーニングはインク使用量が多くかかってしまうので、定期的に使用したほうが結果的に経済効率としてはよい。自分が使用するパターンを考えれば、どのようなプリンタ、プリンタインクのタイプが一番最適かということが見えてくるはずである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*